ヘッダー

会長挨拶

村松先生

より高みを目指して Aim Higher!


 このたび、2021年2月21日(日)、22日(月)の両日、沖縄県宜野湾市「沖縄コンベンションセンター」において、第28回日本CT検診学会学術集会を開催させていただくこととなりました。身に余る大役と思うとともに、この機会を与えて下さいました会員・学会役員はじめ関係される皆様に厚く御礼申し上げます。

 本大会の開催地は沖縄県です。
 一般に、開催地は大会長の所属施設周辺や大都市での開催が慣例となっています。しかしながら、高精度なCT検診に係る研究成果や関連する領域との連携状況をより多くの皆様に知っていただくためには、学会側が能動的かつ積極的に日本各地に足を運ぶことが重要と考え、まずは最南端の沖縄の地を選びました。本開催にあたりましては、沖縄県放射線科専門医会・医会をはじめ、肺がんCT検診認定機構、日本放射線技術学会九州支部、沖縄県放射線技師会、沖縄CT研究会、後藤喜代子・ポールブルダリ癌基金協会など、すでに多くのご支援を頂戴しております。

 当学会をご紹介します。
 1994年に「胸部CT検診研究会」として発足し、2006年からは「NPO法人 日本CT検診学会」と名称および制度の改正を行い、今回で28回目の学術集会の開催となりました。発足当初、本学術集会におけるCT検診の応用は胸部領域が主でありました。CT検診の有効性・有用性評価に始まり、テクスチャー解析により得られる特徴量をベースにコンピュータ支援診断(CAD: Computer Aided Diagnosis)システムが議論されました。そして、私の師である花井耕造先生が大会長をされた第20回学術集会(秋葉原、2013年)では、大腸がんに対する新しい検診手法である「大腸CT(CT Colonography)」が取り上げられ、扱う領域が大きく広がりました。

 当学会を取り巻く状況はいかがでしょうか。
 低線量肺がんCT検診は、2つのランダム化比較試験(RCT:Randomized Controlled Trial)で死亡率減少効果が認められました。非/軽喫煙者を対象としたRCT(JECS Study)と並行し、受け入れ可能で費用対効果の高い対象集団を特定することが求められています。また、昨年は、ビッグデータや深層学習(Deep Learning)を活用した人工知能(AI)の発展により、医薬品医療機器等法に基づき診断支援ソフトウェアが「管理医療機器」として薬事承認され、今後も続くようです。
 高精度なCT検診が日本全域で受診できるよう、これに係る人材育成、実施体制や組織の標準化が進んでいます。2009年には肺がんCT検診認定機構が設立され、認定医師、認定技師は総数で3,000人を超えました。2018年からは施設認定制度も始まり、現時点で約50施設が認定されています。また、本年度からは大腸CT専門技師認定機構(大腸CT技師機構)が立ち上がります。

 本大会のテーマは「より高みを目指して Aim Higher」としました。
 偉大な先人たちが歩んできた道を広げ、さらに新たな道を作り上げることは、どんな世界、どんな領域や分野でも通じるところです。

 本大会では、CT検診の現況を鑑みながら、様々な企画を準備しています。
 海外招聘講演は、ACRIN-NLST(American College of Radiology Imaging Network component of the National Lung Screening Trial)の主任研究員であるDr.Denise R.Aberle(UCLA)と、CMS(Centers for Medicare and Medicaid, USA.gov)が開催した肺がんCT検診の健康保険適用に関する公聴会で、医学物理分野の代表として登壇されたDr.Michael McNitt-Gray(UCLA)を予定しています。
 そして、幅広い視野に立ったAI関連の特別講演とシンポジウム、一般研究発表、および前年度より当学会で組織した骨強度領域のセミナー、また大腸CT技師機構指定の大腸CTハンズオンセミナー(CTCトレーニングコース)を計画しています。
 さらには、学会初日の2月21日に、同コンベンションセンターで、「検診、ゲノム、AI」などをキーワードとした市民公開講座も開催いたします。

 沖縄は言わずと知れた南国リゾート地です。
 日常の診療や研究に疲れた身体を癒すにはもってこいの場所です。開催日程に合わせて、前後の休・祝日を上手に利用していただければ、ご家族とともに、沖縄文化ならではのエクスカーションを過ごすことも可能でしょう。ご存知のように、先般、残念なことに首里城は焼失してしまいましたが、今だからこそ沖縄を訪問することが大きな支援につながります。

 以上のように、本当にワクワク感が漂う、たいへん盛りだくさんの学術集会となります。
 私の盟友であり、実行委員長である山口功先生(森ノ宮医療大学)をはじめ、実行委員、プログラム委員、そしてウチナーンチュの方々が、万全の体制で皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 「めんそーれ!」